華流(中国・香港・台湾)の映画・ドラマ・歌の紹介。時々IT関連の記事。

めいあんの華流あれこれ

剧情 動作 台湾映画 香港映画

香港映画『破風』To The Fore 疾風スプリンター

2017年4月16日

このブログは2015年10月30日に他のサイトに投稿したものを加筆修正しています

基本情報

邦題:
破風(東京国際映画祭2015)
疾風スプリンター(2017年劇場公開時)
英題:To The Fore
監督:林超賢(ダンテ・ラム)
主演:彭于晏(エディ・ポン)、チェ・シウォン、寶驍(ショーン・ドゥ)

はじめに

林超賢(ダンテ・ラム)監督、彭于晏(エディ・ポン)主演。『激戦』(激戦 ハート・オブ・ファイト)コンビで総合格闘技から自転車ロードレースに舞台を移した作品です。

オススメ度

予告編




簡単なあらすじ

仇銘(彭于晏)、鄭知元(チェ・シウォン)、邱田(寶驍、ショーン・ドゥ)の3人はチームメイト(ラディアント)。激しい練習をしてライバルチーム(ファントム)と競ってる。
その一方で仇銘と邱田は黃詩瑤(王珞丹、ワン・ルオダン)を巡って恋のライバルだ。詩瑤は病み上がりで女子のロードレースへの復帰を目指して練習している。

やがて銀行がチームへの融資を引き上げ、チームは解散する。仲間だった3人は別々のチームへ移籍する。

ライバルとなった仇銘と知元がレースごとに激しい競り合いを演じているが、仇銘は暴行事件を起こし資格停止処分を受ける。更にバーで出会った女とホテルにしけ込む。悪いことにその様子は撮影され詩瑤の目に触れることとなり、詩瑤は仇銘の元から邱田の元に行ってしまう。

仇銘が不在となった後台頭してきたのが邱田だったが、それは薬物の助けによるものだった。あるレースで倒れ病院に運ばれそれが発覚。ドーピング薬物ではなかったが汚名を着せられた。

競技に復活した詩瑤は競技中に転倒、後続車に足を踏まれ骨折とアキレス腱断裂。仇銘は病院で医師から移植できる腱がないことから詩瑤の競技復帰は不可能と説明を受けた。そこで仇銘は自分の腱を移植してやってほしいと懇願、手術する。

リハビリをする詩瑤は同じくリハビリする仇銘を見、助けてくれたのが仇銘だと知り詩瑤は仇銘の元に帰る。(抱き合って涙するのが印象的)

解散したチームがどういう訳か復活することになり、散って行ったメンバーを呼び戻す。薬物の問題で姿を消した邱田を捜したら韓国で競技に参加してた。
復活会見、そこには暴力沙汰の仇銘と薬物汚染の邱田がいた。会見で記者から辛辣な質問がされるが毅然と対応する。

レースが始まり仇銘と知元が競い合う。最終戦は中国の砂漠での過酷なロードレース。自転車のロードレースのルールを全然知らないので、へーそうなのというラストだったがなかなか面白かった。

仇銘はルイコスタのいるチームへ移籍する。(このルイコスタは本物?特別出演?)

感想ほか

エンドロールが流れると共にメイキング映像が流れましたが、みんな怪我だらけです。壮絶な撮影現場だったようです。

王珞丹がなかなか可愛い。
彭于晏は『激戦』でもそうでしたが体を鍛えているようですね。『激戦』の総合格闘技とは使う筋肉が違うのでしんどかったのではないでしょうか?

自転車ロードレースを自転車目線や空撮でスピード感のある絵を撮っていました。撮影の為とはいえ、あのスピードで転倒させるのは見てて痛々しい。

最高時速80kmを超えていましたが、実際のロードレースもそんなもの?自転車で時速80kmって凄いですね~

東京国際映画祭の終演後には林超賢監督のQ&Aが予定されていたはずなのですが、実際にはありませんでした…orz

林超賢(ダンテ・ラム)監督の次作は実際にあった事件を基にした『湄公河行动』です。

-剧情, 動作, 台湾映画, 香港映画
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© めいあんの華流あれこれ , 2019 All Rights Reserved.

Copyright© めいあんの華流あれこれ , 2019 All Rights Reserved.