華流(中国・香港・台湾)の映画・ドラマ・歌の紹介。時々IT関連の記事。

めいあんの華流あれこれ

中国映画 剧情 動作 犯罪 香港映画

中国映画『湄公河行动』Operation Mekong オペレーション・メコン

2017年12月8日

このブログは2016年12月21日に他のサイトに投稿したものを加筆修正しています

基本情報

邦題:
メコン大作戦(東京国際映画祭2016にて上映)
オペレーション・メコン(劇場公開時)
英題:Operation Mekong
監督:林超賢(ダンテ・ラム)
主演:張涵予(チャン・ハンユー)、彭于晏(エディ・ポン)

はじめに

『激戦』(激戦 ハート・オブ・ファイト)や『破風』(疾風スプリンター、2017年1月公開予定)など、最近面白い映画を提供してくださる監督が、今度は実話に基づいたアクション大作を作りあげました。

オススメ度

予告編




感想ほか

東京国際映画祭にはいきませんでした。知り合いが東京国際映画祭にて林超賢監督のサインを貰ったとFacebookで投稿していたのを羨ましく見ていました。

今年(2016年)観た中華系映画ではベスト5に入れていいかもしれません(ベストの映画は甲乙付けがたいが)。

2011年にこんな出来事が東南アジアで起きていたなんて全然知りませんでした。
中国・タイ・ミャンマー・ラオスの警察によるメコン川流域の黄金の三角地帯での麻薬組織撲滅作戦ですが、アクションシーンの激しさはまるで戦争映画。映画なので脚色してるんでしょうけど、これは凄い。

恐ろしいのは麻薬組織の大人だけではない、子供達もバクチはするしヤクはするし銃も撃つ。あんな子供達が銃をぶっ放してきたら警察も怯むよなぁ。
古い話ですがベトナム戦争を思い出されます。

興奮するのは映画が始まって丁度1時間くらい経ったあたりとラストの怒濤のアクション。爆薬を激しく使いすぎて損害賠償したという話は本当でしょうか?

中国という国は公務員の汚職とかには甘いのか蔓延っていますが、こと麻薬・覚醒剤に関しては厳しいですよね。最高刑が死刑ですし。今年も覚醒剤の密輸で捕まっていた邦人が処刑されたというニュースがありましたし。

いやー、見応えありました。

かなりオススメの映画です。

林超賢監督次回作もまた実話に基づいたもの、『红海行动』

-中国映画, 剧情, 動作, 犯罪, 香港映画
-, , , , , , , , ,

Copyright© めいあんの華流あれこれ , 2019 All Rights Reserved.