華流(中国・香港・台湾)の映画・ドラマ・歌の紹介。時々IT関連の記事。

めいあんの華流あれこれ

中国ドラマ 剧情 動作 犯罪

中国ドラマ『橙红年代』第44集~第47集(終)

投稿日:2018年10月12日 更新日:

はじめに

2018年9月17日から于浙江卫视、东方卫视にてドラマ『橙红年代』が放送開始されています。

インターネットでは腾讯视频优酷爱奇艺にて配信されています。私は爱奇艺で視聴しています。全47集。

ラスト、M国の麻薬組織vs警察の壮絶な銃撃戦が始まります。

前回⇩

基本情報

邦題:日本未公開
英題:Age of Legends
原作:骁骑校の同名小説
監督:刘新
主演:陳偉霆(ウィリアム・チェン、香港の俳優)、马思纯(サンドラ・マ)

主な配役
刘子光(リウ・ズグアン):陳偉霆(M国の麻薬組織の一員だった男)
胡蓉(フー・ロン):马思纯(女刑事)
李建国(リ・ジェングオ):王同辉
贝小帅(ベイ・シャオシュアイ):叶祖新(刘子光の近所に住む幼馴染)
卓力(ジュオ・リー):王戈(刘子光の友人)
聂万峰(ニエ・ワンフォン):刘奕君(M国で刘子光と兄弟の契りを交わした男)
胡跃进(フー・ユエジン):巫刚(公安局長・胡蓉の父)
韩进(ハン・ジン):何明翰(胡蓉の上司)
阿瑟(アス):叶浏(刘子光の弟子のような若者)
郭大爷(グオ・ダーイェ):李建义(刘子光の父の友人)
黄振武(ホアン・ジェンウ):陈楚瀚(M国潜入刑事)

(キャストのリンクをクリックすると微博のページに飛びます)

簡単なあらすじ

第44集「刘子光恢复记忆」(刘子光、記憶がよみがえる)

李建国阿瑟が酒場を出て建物を出ようとした時に、武装集団が襲ってきた。急ぎ屋上へ逃げる。李建国は相手から機関銃を奪い応戦するも、阿瑟が撃たれた。屋上から転落死て即死であった。李建国は武装集団に捕らえられた。

阿瑟の死は韩进の元にも聂万峰の元にも報された。聂万峰にとっては予想外のことであった。

捜査会議、局長「どうして誰も李建国阿瑟がM国に行ったことを知らなかったのだ?」韩进刘子光が自殺しようとしていて、他の人物の行動に気が回っていませんでした」M国からの写真・動画を映し出して状況を報告する。韩进に「M国に連絡して李建国の安全を確保しろ」局長「蓉蓉刘子光には李建国阿瑟のことは報せるな」

だが、刘子光は突然阿瑟が気になった。「阿瑟はどこだ?」ここで贝小帅が彼らがM国に行ったことを告げてしまった。そこに胡蓉がやってくる。「あなたはM国に行ってはダメよ。取り調べがあるわ。李建国阿瑟は大丈夫だから」

M国警察から連絡が入ったが、李建国の所在はいまだ不明であった。黄振武には協力者(=线人)がいたものとみられ、船上での麻薬取引の場にもいたらしいが、それが誰なのかもわからない。

贝小帅胡蓉に「俺たちを騙していないか?」「確かに。阿瑟は死んだ、建国哥は連れ去られたわ」

韩进のもとに胡蓉は行った。「黄振武には協力者がいた。それが誰なのかわからない」「李建国の動画では黄振武の店で刘子光と阿瑟は一緒に過ごしていたと言っていた。協力者というのは刘子光なのでは?」光明が見えてきた。「可能性はある。しかし証拠がない。記憶だ、刘子光に思い出させろ」胡蓉に笑顔が戻ってきた。

刘子光は数々の写真を見た。見て見て、思い出した。「聂万峰だ、あいつは俺を騙した。あいつには俺と同じ入れ墨がある!俺をヤツのところに連れて行け」すぐに二人で聂万峰邸に行き面会する。「入れ墨を見せろ。そこにあるはずだ」とお腹を指差す。しかし、シャツを捲っても入れ墨はなかった。刘子光は混乱した。

聂万峰は麻薬組織の銀行口座のアドレスを国際警察に送るようにM国の部下に指示した。刘子光がそれのパスワードを覚えていれば、すなわち刘子光が麻薬組織のボス・桑帛である。

第45集「全城搜捕刘子光」(全力で刘子光の捜索にあたる)

胡蓉局長らに呼び出された。「勝手に刘子光聂万峰に会わせるな!で、どうだったんだ?」「入れ墨はありませんでした」と、小赵が入ってきた。「国際警察からメールです」聂万峰が送った口座のログイン画面である。「刘子光が開けられるかどうかだ」「私に行かせて」「いいだろう、何があっても冷静にな」小赵を同行させた。

胡蓉はログイン画面を見せてこう言った「これは父と協力者しかパスワードを知らない口座。これが開けられれば協力者よ」と。果たして刘子光はログインできた。刘子光桑帛であることが証明された。あとは桑帛=協力者であることが証明できれば刘子光の疑いが晴れる。

郭大爷のところに行かせてくれ」と刘子光胡蓉が付き添ったが、家の中には刘子光一人で入った。そして逃げた。

逃げて聂万峰に会いに行った。「俺をM国に連れて行け」

捜査本部は刘子光が逃げたと大騒ぎである。非常線を張ったが引っかからない。行きそうな場所にもいない。刘子光がM国に行っている頃、警察署には一人の男が連行された。彼は侯四海聂万峰が麻薬「天使」の取引をしていたことを証言した。

韩进らは聂万峰邸に急行したが既に聂万峰哥もいない。刘子光らしき人物と一緒に出ていった。捜査本部に戻ると、M国から電話が入った。聂万峰が麻薬組織のボスであると。そして新たな防犯カメラ映像が送られてきた。そこには黄振武が殺された時に建物を出てきた聂万峰を映していた。三人はM国に行く恐れがあるとして道路や埠頭の警備強化を指示した。

更にM国警察からの情報によると、聂万峰の妻子は彼によって殺され、また妻の両親も殺された。そしてその莫大な財産を受け取った。その金をもとに麻薬組織の拡大を図ったと。M国警察と国際警察と協力して麻薬組織を一網打尽にすること、聂万峰刘子光を捕まえることを指示した。

いよいよ舞台をM国に移し、クライマックスへ!

第46集「刘子光恢复记忆」(刘子光、記憶がよみがえる)

(第44集と同じタイトルですが、こちらでは完全に記憶がよみがえります)

M国を歩いていると記憶がよみがえる。黄振武の酒場の建物の前で佇んでいるところへ聂万峰が到着した。「その様子だと全て思い出したようだな。李建国が基地で待ってる」そう言って刘子光に麻薬組織の基地まで車を運転させた。

麻薬組織の基地に入るとまず李建国を脱出させた。「安全な所まで行ったら聂万峰に電話してくれ」と言って。

既に組織の周りには警察が取り囲んでいる。

刘子光は「なぜ桑帛という俺の名を使った」「彼は俺、俺は彼、と言っていたからだ。取引には桑帛の名を使った」「もう一つ、なぜ入れ墨が消えた?」「消えてないさ」と言って湿布みたいなものを剥がすと入れ墨が見えた。「一つあんたが知らない秘密を明かそう。あの時(第2集での船上の集会)のことは警察に通知しておいたのさ」「まさか、お前は黄振武を殺したのにか?」「俺は殺してないのさ、彼だよ」と聂万峰の部下の一人を指さした。そう、刘子光と共に組織に囚われの身になっていた当時、聂万峰が持ってきた水を更に分け与えてやった恩義であった。黄振武が殺された時、刘子光ではなくその部下が殺して聂万峰には「刘子光が殺した」と言っていたのだ。怒りに震える聂万峰はその部下を撃ち殺し、そして刘子光に銃口を向けた。

だがいざという時の瞬発力は刘子光の方が上だった。すかさず哥らを撃ち殺し、他の部下たちが刘子光に銃弾を打ち放つも素早く逃げた。

その時、警察(と言うよりほぼ軍隊)が突入、激しい銃撃戦が展開される。

胡蓉韩进らも突入してくる。

刘子光がピンチ!となった時に現れたのは李建国、機関銃を手に突入してきた。(ここのシーンはまるで昔の香港ノワールのよう)

そして胡蓉の右肩を銃弾が貫いた・・・

第47集「刘子光追击聂万峰」(刘子光、聂万峰を追撃する)

胡蓉の拳銃は飛ばされた。周りを麻薬組織の人間が取り囲み始める。その窮地を救ったのは韩进らであった。そして胡蓉に自分の防弾チョッキを掛けるとまた戦いに行った。

聂万峰を狙って刘子光韩进が飛び出す、聂万峰に銃撃されたのは韩进。彼はここで惜しくも犠牲になった。

刘子光聂万峰を追いかけた。そして義兄弟の契りを交わした賭博場の屋上に来た。聂万峰は最後の「遊び」をしようと言う。二人はテーブルの上にあった2丁の拳銃を分解した。

そして聂万峰がビール瓶を投げ上げる

瓶が割れたのを合図として猛然と拳銃を組み立て始める二人、先に組み上げたのは刘子光の方だった。拳銃を聂万峰の額に突きつけた。聂万峰「俺を殺せ!」しかし刘子光には殺せなかった。「あんたはパスワードを知ろうとしなかった。教えよう、3.1415926。314は俺の誕生日、926はあんたの誕生日、そして間の15は契りを交わした日だ」「俺を殺せ」「俺はあんたを殺さない。法律に裁かれろ」と言った。聂万峰は捕まった。

局長は刘子光に「お前は黄振武の協力者か?」「そうだ、酒場の奥に隠し部屋があり、そこから情報を流していた」と証言した。胡蓉局長はその部屋へ入った。部屋いっぱいある胡蓉の写真を見て胡蓉は泣いた。パソコンの電源を入れると黄振武のメッセージ動画が流れ始めた。刘子光は真面目で勇敢な協力者であること、自分は孤独ではなかったことなど。そして胡蓉は知った、あの日の真実を。

それからどれほど後であろうか。刘子光胡蓉が結婚式を挙げた。場所は第3集で刘子光が運ばれた病院で。

しかし胡蓉局長から電話で呼び出され、式は延期。

さらに1ヶ月後、胡蓉は任務で飛行機に乗ると、出された食事には例の絵の描かれたゆで卵が、そして乗務員として刘子光が現れた。

食事のケーキには指輪が飾ってあった。

(終)

感想ほか

全47集は長いと当初思いましたが、いざ始まってみるとあっという間でした。途中で挫けるかとも思いましたが完走しました。

面白かったですね。最近の日本の連続ドラマはだいたい10話で終わってしまいます。とても10話ではこれだけの内容の話は描けません。というか足りなかったですね。李纨とかもう一度登場するかと思いましたが、海外に飛び立ったきりでしたし、阳光沙场とかは台詞にしか登場しなくなりましたし、李建国も元軍人というのは台詞から知りましたが、どういう経緯で「地地道道」を継いだのか、とか。登場させっぱなしで回収しないものが少なからずありました。

ただ、まさか第2集で水を飲ませて助けた名もなき登場人物が最後の最後で重要な役どころであったとは参りました。

陳偉霆の次の主演ドラマは『風暴舞』になります。爱奇艺にて配信です。
また間もなく『大轟炸』という映画が公開になり、主演ではありませんが出演しています。

一方、马思纯は『蕎麥瘋長』という主演映画と『加油,你是最棒的』というドラマが控えています。

 

どれほどいらっしゃるかわかりませんが、最初から最後まで全部読んでくださった方はありがとうございました。

-中国ドラマ, 剧情, 動作, 犯罪
-, , , , , , , , ,

Copyright© めいあんの華流あれこれ , 2019 All Rights Reserved.