中華な日々。日頃見聞きした中国・香港・台湾の映画、ドラマや歌の紹介。他にも読書や気になるITガジェットについて書いています。

めいあんのブログ

中国映画

中国映画『左耳』

投稿日:2017年4月14日 更新日:

このブログは2015年10月23日に他のサイトに投稿したものを加筆修正しています

基本情報

邦題:左耳(2015東京・中国映画週間)
英題:The Left Ear
監督:苏有朋(アレック・スー)
主演:陈都灵、马思纯(サンドラ・マ)、欧豪(オウ・ハオ)

はじめに

どんな映画だろうとネットで調べていたらららぴっとさんのブログにすごく詳しいあらすじが書かれていて参考になりました。

おすすめ度

「ららぴっとさんのブログ(『左耳』)について」

舞台挨拶

まず上映後登壇した苏有朋(アレック・スー)監督、黎吧啦役の马思纯(サンドラ・マ)、张漾役の欧豪(オウ・ハオ)の写真から。

予告編

感想ほか

あらすじはららぴっとさんのブログを読んでいただいて、感想を少しばかり。

思いの外良かったです。
ららぴっとさんのブログで原作は4冊に及ぶ長編小説で色々エピソードがカットされてるっぽい。小説のダイジェスト版になってても嫌だし、と思ってましたが全然そんなことなくこの映画は楽しめました。

主役の李珥(陈都灵)は最初から最後まで良い子、吧啦(马思纯)は悪い子、吧啦に誑かされる许弋(杨洋)は良い子から堕落していく、逆に张漾(欧豪)は嫌な奴だったのに最後は好青年になってしまった!
そして正反対の性格の李珥と吧啦は自然と親友になります!

そこらへんに転がってそうな話が李珥の左耳が聞こえないというだけで素敵な物語に変貌します。吧啦は死んでしまいますが最期を看取った李珥の左耳に何かを囁きます。でも、それが聞きとれずに吧啦は息を引き取ります。李珥は悲しくて堪りません。それからラストシーン、李珥の左耳に
张漾が何かを囁きます。愛の告白かな?とも思うのですが何なんでしょう。気になる~!

主役を演じた陈都灵を吧啦役の马思纯は完全に食っちゃってますね。それほど马思纯の演技は素晴らしかったです。

马思纯は第52屆台灣電影金馬獎最佳女配角にノミネートされましたが、惜しくも受賞は逃しました。

本作の物語をあまりに気に入ってしまったため、原作本(中国語)を購入しました。

赵薇(ヴィッキー・チャオ) 《左耳》

-中国映画
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© めいあんのブログ , 2019 All Rights Reserved.