中国ドラマ 剧情 情感 愛情 青春

中国ドラマ『七月与安生』Another Me 第37集~第42集

2019年8月18日

2019年7月22日より爱奇艺にて配信開始。全53集。

韩东ハン・ドンの悪事(賄賂など)が社会に明るみになり、韩东ハン・ドンはどこへともなく去っていきました。七月チーユエ安生アンシェンも汉力生を辞め、故郷の宁波に帰ります。ずっと体調が優れなかった七月チーユエは腎不全で倒れ、入院することになりました。

オススメ度

中国ドラマ『七月与安生』Another Me 第1集~第6集
中国ドラマ『七月与安生』Another Me 第7集~第12集
中国ドラマ『七月与安生』Another Me 第13集~第18集
中国ドラマ『七月与安生』Another Me 第19集~第24集
中国ドラマ『七月与安生』Another Me 第25集~第30集
中国ドラマ『七月与安生』Another Me 第31集~第36集

中国の動画サイトを有料会員(VIP会員)で視聴するには

基本情報

邦題:日本未公開
英題:Another Me
原作:安妮寶貝の同名小説
監督:崔亮
主演: 沈月陈都灵熊梓淇邹廷威
(名前のリンクをクリックすると微博のページに飛びます)

【配役】
李安生リ・アンシェン・・・この物語の主人公のひとり :沈月
林七月リン・チーユエ・・・もうひとりの主人公 :陈都灵
苏家明スー・ジャーミン・・・七月チーユエ安生アンシェンとは高校の同級生。七月チーユエの元彼氏 :熊梓淇
林九月リン・ジゥユエ・・・七月チーユエの弟 :梁靖康

簡単なあらすじ

第37集
第38集
第39集
第40集
第41集
第42集

第37集:七月重病需换肾(七月は重病、腎移植が必要)

七月チーユエは腎不全だと聞かされ、泣いた。母親にも金の掛かる治らない病気になったことを詫びる。一所懸命に七月チーユエを励ます母親。

九月ジゥユエ家明ジャーミン七月チーユエが腎不全で入院したことを告げた。九月ジゥユエ家明ジャーミンもこぞってドナー適合検査を受ける。両親も家明ジャーミンも適合しない。ただひとり、九月ジゥユエが適合する。医師が九月ジゥユエをドナーとすることを勧めるが、両親が拒絶する。

父親はひと晩中ビールを飲んでいた。翌朝、母親が起きてきてビックリ、父親の髪は白髪がいっぱいだった。母親は陰で泣き、父親は鏡をみて愕然とした。

家明ジャーミンは自宅で母親から「昨晩遅かったけど、どうしたの?林七月リン・チーユエ?」そして家明ジャーミンがドナー適合検査を受けていたことを知る。母親はヒステリックになり、「七月チーユエとはもう関係ないじゃないの、七月チーユエのためにドナーになんかならないで!」と叫ぶ。

九月ジゥユエはドナー適合検査の精密検査を受けていた。結果は移植は可能だが、移植してもそう長い年月は生きられないとのこと。しかし九月ジゥユエはドナーになると決意した。

   

第38集:安生七月配型成功(安生と七月の型が適合する)

七月チーユエ九月ジゥユエがドナーになると聞いて、病室で泣く。

安生アンシェン七月チーユエの家の近くまで来ていた。近所の住人が噂話をしているのを聞き、九月ジゥユエに電話する「七月チーユエに一体何があったの?」安生アンシェンは病院に急行する。病室で家明ジャーミンが「九月ジゥユエがドナーになるから」と。それも初めて知る話。九月ジゥユエに「どうして言わなかったの?!」主治医の元へ「お願いです、ドナーの適合検査を受けさせてください!」と頼み、検査を受ける。

主治医が七月チーユエの家族を呼んだ。「良い報せです。九月ジゥユエさんより適合度の高いドナーが見つかりました。李安生リ・アンシェンさんです」ドナーの名前を聞いて両親は複雑な心境になる。また、九月ジゥユエ安生アンシェンがドナーになることを受け入れられない。

安生アンシェン九月ジゥユエからドナーに適合したことを聞いた。だが、Salah林サラ・リン一家は受け入れられないことも。なぜなら安生アンシェンの父親がSalah林サラ・リン一家の仇である弁護士・李勇リ・ヨンであることも。安生アンシェンは思いがけずに自分の父親のことを知って涙した。安生アンシェンは決意を固くした。九月ジゥユエ安生アンシェンの強い意志を汲み取り、安生アンシェンを抱きしめた。

病室にて。七月チーユエが眠りにつくと、両親は安生について話し合った。高校時代から仲良しで、こういう巡り合わせもあるのかと。両親は安生アンシェンがドナーになってくれることを受け入れる方向に傾いた。一生、安生アンシェンを我が子として面倒を見ると決心した。

七月チーユエの母親は安生アンシェンの自宅を訪れた。母親は「安生アンシェン、ごめんなさい!ごめんなさい!」と土下座した。

安生アンシェンは移植手術のために、七月チーユエとは別室で入院した。七月チーユエはまだドナーが安生アンシェンだと知らない。

そして手術当日になった。七月チーユエ安生アンシェンがそれぞれ手術室に運ばれる。

第39集:七月安生关系和好(七月と安生、関係は良好)

七月チーユエは手術室にて隣のベッドに安生アンシェンの姿を見て「どうしてあなたが・・・?」と麻酔で眠りにつく。

手術は無事に終わり、ふたりともICUに運ばれる。やがて目を覚ます。術後は良好、一般病室に移る。

七月チーユエはドナーが実は安生アンシェンだったのを隠していた家族たちに悪態をついた。「もし安生アンシェンの母親がいたらどう思うか、考えなかったの?」家明ジャーミンが「安生アンシェンの適合度が最も高かったんだ」と諭す。七月チーユエ安生アンシェンとふたりになると「ありがとう」と言った。

父親へ大学から電話があった。「学校に行ってないそうじゃないか。このままだと卒業できないぞ」しかし九月ジゥユエは聞く耳を持たず、安生アンシェン七月チーユエの見舞いに行ってしまう。九月ジゥユエが卒業できなくて就職もままならなかったら、安生アンシェンと結婚を許していいやら、と悩む両親。翌日病室で安生アンシェンに話そうとしたが、「九月ジゥユエが実習を終えても学校に戻ってないの。安生アンシェンからも言ってやって」と話すのが精一杯だった。安生アンシェンは両親の本音を悟っていた。

第40集:安生七月袒露心声(安生と七月、胸の内を明かす)

見舞いに来た九月ジゥユエに、安生アンシェンは学校に戻るよう諭す。九月ジゥユエは「近いうちに戻るよ」その後、九月ジゥユエは病院の中庭から拡声器で安生への愛を叫んだ。両親が止めに入る。安生アンシェンも病室から中庭に出てきていた。安生アンシェンは「あなたの求婚には応えられないわ」と告げた。

母親も安生アンシェンに今まで言えなかった本音を話した。安生アンシェンは遠くを見ながら「安心して、九月ジゥユエを受け入れたりしないわ」と言った。母親は謝った。安生アンシェンはひとりになると、自然と涙がこぼれてきた。

九月ジゥユエは大学へ戻った。

安生アンシェンがひとりでいるところへ七月チーユエが来た「愛情はなくなったの?」「ないわ」「私には嘘を吐かなくてもいいわよ」

家明ジャーミンは病気の七月チーユエを一生面倒みていけるの?という母親を説得していた。家明ジャーミンの説得によって母親も納得した。

七月チーユエ安生アンシェンの退院の日になった。七月チーユエの自宅に着くと、家明ジャーミンは「もう一度やり直せないか?」と願い出る。「そんな簡単にいかないわ」と拒否。

その後、七月チーユエの家で快気祝いを行った。夜、七月チーユエ安生アンシェンはベッドにて「家明ジャーミンに何を言われたの?求婚?」「違うわ」安生アンシェン七月チーユエ家明ジャーミンに対する愛はもうないのか尋ねたが、七月チーユエ自身も良くわからないと言った。

安生アンシェンは「明日は家に帰りたい」そう呟いた。

第41集:安生劝九月回去读书(安生は九月を説得して学業へ帰す)

家に帰った安生アンシェンは母親の幻を見て泣き崩れる。その後伯父の家に行く。おばさんが安生アンシェンの手に点滴の跡を見つけ、何事かと問う。「七月チーユエが急性腎不全になったからちょっと手を貸しただけよ」伯父夫婦は瞬間湯沸器のごとく激昂する。「おじさん夫婦も大切な人、七月チーユエも大切な人、同じなの」伯父夫婦は怒るのをやめ、正気に戻って今度は安生アンシェンに優しく振る舞う。

安生アンシェン阿潘アパンと初めて出会った店を訪れた。その店は売りに出されており、中は空っぽだ。

九月ジゥユエがまた学校から宁波に戻ってきて安生を訪ねた。「親は反対しているけど、絶対幸せにしてみせる」とそれからまた求愛の攻撃を繰り出す。それから学校を休学して戻らず就職する話に及び、よくよく話を聞くと保証金5000元を出して12000元の月給の保安の仕事だという。最初に保証金を出すのは大抵良からぬ会社なのは中国も一緒らしい。安生アンシェンに「この世間知らずが!」と言われる。

後日保証金を返して貰おうと会社に行ったが取り合ってもらえない。相手はチンピラ。揉み合いになっているところを家明ジャーミンの車が通りかかって、家明ジャーミン九月ジゥユエを拾った。九月ジゥユエ家明ジャーミンに洗いざらい話すと、家明ジャーミンは「飲みに行こうか」と。

酔っ払って実家に戻った九月ジゥユエは家族から休学について総攻撃を食らう。父親などは九月を平手打ちし、興奮しすぎて自身も頭がクラクラしてしまう。七月チーユエも「安生アンシェンとよく話し合ったほうが良いわ」と勧める。

安生アンシェンの自宅へ行っても学校を卒業しようとしない九月ジゥユエを子供として扱う。安生アンシェン九月ジゥユエが好きだ、だからこそ冷たく突き放す。

とうとう九月ジゥユエは家出をした。しかし心配御無用、安生アンシェンのスマートフォンで九月ジゥユエの居場所がわかる。七月チーユエも安心する。七月チーユエは今度は家明ジャーミンと会う。七月チーユエはもう一度「あなたとは結婚できない」と告げた。家明ジャーミンはぐっと拳を握りしめ、泣きそうなのを堪えた。

第42集:安生和九月坚定心意(安生と九月、気持ちを確固たるものにする)

安生アンシェンは冷たく突き放したはずが、またも九月ジゥユエ安生アンシェンの家に入り浸っている。

九月ジゥユエ安生アンシェンのバーの設計図を書き始めた。2日で書きあげたという図面は安生アンシェンからしても悪くはなかったが、費用の話になるとそこまで計算していない。別の日も設計図を見ながらの話し。「予算が高いからなー」という安生アンシェンは別の設計師・凯文にも図面を依頼していた。凯文の図面を見て感動した九月ジゥユエは弟子入りを志願する。凯文の設計で店は作られていく。

こうして安生アンシェンのバーはできた。ふたりは願いを込めた天燈を上げた。

忙しい日々を過ごす九月ジゥユエを見て両親も喜んでいる。大学を卒業しないことなどもうどうでも良いらしい。

安生アンシェン七月チーユエから九月ジゥユエとのことを両親が認めたことを聞いて喜んだ。

七月チーユエ安生アンシェン九月ジゥユエ家明ジャーミンらと共に開店前祝いをしていた。

しかししかし。好事魔多しとはこのことか。

店は火事になった。必死に火を消そうとしたが、荷物が邪魔で消火栓が開かない。七月チーユエも水を掛けようとしたが、床に置いてあった酒類で転び、割れた酒に引火してあっという間に火は広がった。安生アンシェン七月チーユエ家明ジャーミンは逃げた。外に買い出しに行って戻ってきた九月ジゥユエは店が火事になっているのを見て、中に飛び込んだ。

鎮火した店から九月ジゥユエが運び出された。安生アンシェン七月チーユエは狂ったように泣き叫ぶ。両親も駆けつけたが、見たのは九月ジゥユエの焼死体だった。

感想ほか

第38集の七月チーユエの母親と安生アンシェンが和解するシーンはウルッときました。

それなのに、第42集のなんと悲惨なことか。

本日18日で爱奇艺のVIP会員が切れるため、急ぎ足で視聴しました。20日以降にはまたVIP登録しますが、急ぎ足ゆえ、スクショなしで来ました。

中国ドラマ『七月与安生』Another Me 第43集~第48集
中国ドラマ『七月与安生』Another Me 第49集~第53集(終)

-中国ドラマ, 剧情, 情感, 愛情, 青春
-, , , , , , ,

adblockerが使われていると表示できません