Access

検索履歴つきテキストボックスをコンボボックスで実現(Access)

2019年11月10日

インターネットブラウザの検索テキストボックスのようにAccessのテキストボックスでも検索履歴を表示させたいと思い、この方法をやってみました。

本記事とは若干コントロール名などが違いますが、下記記事(在庫管理システム)にて実践しています。

あわせて読みたい
めいあんのIT格闘記
簡易的にAccessデータベースで在庫管理システムを作成(サンプル付)

必要に迫られてAccessにて在庫管理・在庫検索・入出庫処理・入出庫履歴・在庫転送・単位変換、マスターデータの修正等々を装備したデータベースを構築しました。フォーム(分割フォームやサブフォーム)・クエリ・VBAを使っています。

続きを見る

検索履歴つきテキストボックスをコンボボックスで実現(Access)

テーブル

テーブルにて「T_検索履歴」を作ります。

IDオートナンバー型
検索履歴文字列型




検索履歴つきテキストボックスをコンボボックスで実現(Access)

フォーム

フォームにコンボボックスを配置します。名前を「cmb_検索文字列」とします。ウィザードが有効になっている場合、以下のようなコンボボックスウィザードが表示されますが、「キャンセル」します。

コンボボックスウィザード

検索用コマンドボタンも配置します。名前を「cmd_検索」とします。

コンボボックスの【プロパティシート】を開き、【データ】タブの【値集合ソース】を次のようにします。「distinct」を使うことによって重複文字列をひとつにまとめてくれます。

「検索用コマンドボタン」の【プロパティシート】を開き、【イベント】タブの【クリック】時に「コードビルダー」を選びます。

ココに注意

【プロパティシート】の【入力チェック】は「いいえ」にしてください(おそらくデフォルトは「いいえ」)。

VBAコード

VBAのエディタが開きますので下記コードを記入します。検索ボタンを押したときのコードが記入済みだと思いますので、そのコードの後ろに追記すれば良いです。テーブル「T_検索履歴」に検索文字列がどんどん追加されていきます。

-Access
-, ,

Please disable your adblocker or whitelist this site!