☆5 中国映画 剧情 動作 香港映画

中国映画『夺冠』Leap 中国女子バレー

2021年3月1日

40代後半以降の中高年でバレーボールの国際試合をよく見られていた方なら、中国女子代表の郎平ラン・ピン(ロウヘイ)の名前は覚えているかと思います。日本女子バレーもこの郎平に苦杯をなめされられました。

この映画は前半で郎平の選手時代を、後半で監督時代を描いています。改めてその成績を見てみますと、実に輝かしいものがあります。選手として監督として優秀な方なののだと思います。日本人としては憎きロウヘイでしたが、本作は実に郎平がよく描かれていて面白かったです。

郎平の半生を香港の陳可辛ピーター・チャン監督によって映画化されました。郎平役は選手時代を白浪バイ・ランが、監督時代を巩俐コン・リーが演じています。

本作の原名は『中国女排女子バレー』、私としては珍しくbilibiliにて鑑賞しました。

オススメ度

中国の動画サイトを有料会員(VIP会員)で視聴するには

基本情報

邦題:中国女子バレー(大阪アジアン映画祭2021)
英題:Leap
監督:陳可辛ピーター・チャン
主演:巩俐コン・リー黄渤ホァン・ボー吴刚ウー・ガン白浪バイ・ラン

予告編

簡単なあらすじ

中国女子バレーは袁伟民ユエン・ウェイミン吴刚ウー・ガン)監督のもと1981年のW杯大阪大会に向けて練習していた。郎平ラン・ピン白浪バイ・ラン)はなかなか皆と同じメニューでの練習をさせてもらえず、筋トレなどのメニューをさせられていた。これはイジメではなく、袁伟民監督は実は郎平のことを見込んでいて育てていたのだ。

W杯直前、女子バレー代表は地方の男子チームと壮行試合を行う。もちろん、男子相手に勝てるわけはないのだが、そこには袁伟民監督の思惑があった。男子選手は女子バレーの世界強豪各国の選手と同じ身長だったり、同じ最高到達点の者だったりした。この試合で郎平は主力選手として抜擢された。

W杯大阪大会、日本とフルセットの激闘の末に優勝、金メダルを獲得した。以降1980年代の世界大会で中国は勝ちまくる。

時は変わって2008年、この年は北京オリンピック。以前、袁伟民監督のもとでコーチをしていた陈忠和チェン・ジョンフー黄渤ホァン・ボー)が中国女子バレーを監督として率いていた。郎平はアメリカ代表監督をしていた。結果、アメリカは中国に勝ち、結果銀メダルを獲った。この後、郎平はアメリカ代表監督を辞する。

中国バレーボール協会が次期監督候補として郎平を招いていた。会議の中で郎平は改革を提案した。会議の大半が老人に近いくらいのおじさんばかり、郎平の提案に理解を示さない。だが、ひとり郎平に賛成する者がいた、前監督の陈忠和だ。陈忠和が郎平監督を後押しした。

郎平監督は全国から候補選手を大勢呼んだ。選手らには趣味嗜好から信念からを宿題として書かせた。郎平監督に従えずにチームを去っていく者もいた。郎平は「将来、優秀なスポーツ選手になることより、優秀な人物になってほしい」そう考えていた。旧態然とした練習はしなかった。

そして、2016年リオオリンピック、開催国で強豪のブラジルとの接戦を制し、その後も試合も勝って復活の金メダルを獲得することができた。

感想など

試合の再現度が素晴らしい。対日本戦、対アメリカ戦、対ブラジル戦。映画のシーンがまるで当時の映像そのままなのではないかと錯覚させられる。スクリーン映えをする女優さんにバレーボールをさせるのではなく、実際のバレーボール選手に演技をさせている。それだけに本物感があるのでしょう。選手時代の郎平役を演じた白浪バイ・ランは郎平の実の娘さんだそうです。

主演の巩俐コン・リーがコン・リーに見えず、ロウヘイに見えるのは私だけでしょうか?黄渤ホァン・ボーがまた人間味あふれていて好感が持てます。

大阪アジアン映画祭2021(本作のページはこちら)で日本語字幕付きで鑑賞できる方々が羨ましいです。

-☆5, 中国映画, 剧情, 動作, 香港映画
-, , , , , , , , , ,

adblockerが使われていると表示できません