華流(中国・香港・台湾)の映画・ドラマ・歌の紹介。時々IT関連の記事。

めいあんの華流あれこれ

中国ドラマ 動作 悬疑 愛情 犯罪

中国ドラマ『橙红年代』第20集~第26集

2018年9月29日

はじめに

2018年9月17日から于浙江卫视、东方卫视にてドラマ『橙红年代』が放送開始されています。

インターネットでは腾讯视频优酷爱奇艺にて配信されています。私は爱奇艺で視聴しています。全47集。

侯四海によって植物状態寸前まで陥った刘子光は意識をとりとめ、警察は侯四海一味を一網打尽にしようとしています。
今回は刘子光胡蓉の仲は進展するでしょうか?また、李纨の横槍は入るでしょうか?

前回⇩

基本情報

邦題:日本未公開
英題:Age of Legends
原作:骁骑校の同名小説
監督:刘新
主演:陳偉霆(ウィリアム・チェン、香港の俳優)、马思纯(サンドラ・マ)

主な配役
刘子光(リウ・ズグアン):陳偉霆(M国の麻薬組織の一員だった男)
胡蓉(フー・ロン):马思纯(女刑事)
李建国(リ・ジェングオ):王同辉
贝小帅(ベイ・シャオシュアイ):叶祖新(刘子光の近所に住む幼馴染)
卓力(ジュオ・リー):王戈(刘子光の友人)
聂万峰(ニエ・ワンフォン):刘奕君(M国で刘子光と兄弟の契りを交わした男)
侯四海(ホウ・スーハイ):任正斌(聂万峰の取引相手)
孙伟(スン・ウェイ):韩秀一(侯四海の手下)
胡跃进(フー・ユエジン):巫刚(公安局長・胡蓉の父)
韩进(ハン・ジン):何明翰(胡蓉の上司)
阿瑟(アス):叶浏(刘子光の弟子のような若者)
郭大爷(グオ・ダーイェ):李建义(刘子光の父の友人)
黄振武(ホアン・ジェンウ):陈楚瀚(M国潜入刑事)
龙少平(ロン・シャオピン):崔健(神州集団社長、至诚集団と対立している)
梅洁(メイ・ジェ):王姬
孟知秋(モン・ジーチゥ):张宁江(码头を取り仕切る者)
谢文娴(シェ・ウェンシェン):曾韵蓁(李建国が想いを寄せる女性)

(キャストのリンクをクリックすると微博のページに飛びます)

簡単なあらすじ

第20集「胡蓉审问侯四海」(胡蓉、侯四海を尋問す)

ぬいぐるみを使った告白は不発に終わる(ぬいぐるみから音声が流れなかった)。緊急の電話が入った胡蓉は「地地道道」を出て行ってしまう。

胡蓉韩进队长と共に局長に侯四海の逮捕のためにまず孙伟を狙うべきと進言した。韩进もこの意見を後押しした。そして念願の胡蓉の謹慎処分が解ける。

孙伟、今度は侯四海の愛人との蜜月がバレた。落とし前として指を切り落とした。侯四海邸の前で監視していた韩进胡蓉、出てきた孙伟を追わない。胡蓉が「孟知秋なら何か事情を知っているのではないでしょうか?」と日を改めて孟知秋を警察に呼んだ。孟知秋は素直に事情を話した。

刘子光李建国は病院にいた。午後には谢文娴の手術がある。刘子光は「もし間違ったことを言っていたら正してくれ。哥は文娴姐が好きなんだろ?もしそうなら二人が一緒になればいいな」その言葉を聞いて李建国は急ぎ病院を抜け出した。手術前の病室にて谢文娴が「李建国は?」と訊く。「きっと大事な用事があるんだ」そして病室に李建国が駆け込んでくる。そっと結婚指輪を差し出した。谢文娴は感動してプロポーズを快く受け入れた。手術も成功した。

侯四海邸に愛人がやってきた。最初は冷たくあしらう侯四海であったが、「冷たくされちゃうといろいろ喋っちゃうかも~。女友達とか~、警察とか~」

侯四海胡蓉ら警察が動き出したことに感づいていた。胡蓉孙伟の周囲で動いていた。孙伟は手下からその様子を聞かされて悔しがった。侯四海は遂に警察署に任意同行された。

この状況はM国へ行っている聂万峰にも伝えられた。もし侯四海が捕まると捜査の手が聂万峰にも及ぶかもしれない。聂万峰はため息をついた。

孟知秋から得た情報を元に侯四海の聴取は進められた。しかし、局長からの指示で解放された。身の危険を感じた侯四海老三なる人物に孙伟の始末を500万元で依頼した。すぐさま孙伟は射殺された。その報はすぐ警察に入り、緊急出動した。実行犯の車を特定し、犯人たち(2人)と緊迫の銃撃戦になる。

犯人たちはとあるオフィスに立てこもり、人質をとった。韩进队长は応援を要請する。応援と共に局長、胡跃进局長も自ら現場入りした。

韩进らは犯人に電話する。人質がいる分、警察も弱い。狙撃隊を下げさせられた。犯人の一人は胡蓉の狙撃によって怪我をしている。胡蓉は救護のために自分を中に入らせてほしいと直訴する。局長は娘・胡蓉を行かせることを認めた。看護師に扮した胡蓉がオフィスに入って行く。マスクをして顔を隠していたが、犯人にマスクを取るよう言われて取った。刑事だとバレた。

胡蓉、ピンチ!

第21集「韩进为救胡蓉中枪」(韩进、拳銃で胡蓉を救う)

あくまでも看護師だと装う。そこへ警備員の格好をした刘子光も登場。刘子光の姿を認めた韩进が救出に向かう。犯人が胡蓉に向けて撃った銃弾は庇って飛び込んできた韩进を貫通、さらに同じく庇って入ってきた刘子光にも当たる。二人とも病院に搬送されて無事だった。犯人は捕まり、尋問を受けたが黙秘を続けた。

翌日、捜査会議後に侯四海邸に家宅捜索が入った。大量の金品があったが、侯四海は持ち出さずに行方をくらませた。よほど慌てていたのだ、と胡蓉は思った。

今度は聂万峰が事情聴取を受ける。「いやー、私はずっと海外出張に行っていたもので。こんなことになっていようとは」「以前の誘拐事件と何か関係があるのではと思いご足労いただきました。ところで侯四海とは仕事上の取引はありますか?」「資材の仕入れであります」「その中で不愉快な出来事はありませんでしたか?」そこで裏の話をうまく言葉を変えて説明した。事情聴取は局長自ら行ったが、聂万峰の裏の顔は知らないようだ。

韩进がいないため、胡蓉が捜査本部の指揮を執っている。侯四海の行方はまだわからない。

至诚集団の伊总のところへ四海商贸(この会社名称は初めて登場)が差し押さえられたと報告が入った。資材の調達が不能になったということで相談しに来た。「他の沙场を使えばいいだろ」しかし侯四海の会社を除けば刘子光の阳光沙场しかない。伊总は不機嫌になる。(以前の賃金未払いの件はどうなったことやら。いつの間にか解決?)李纨刘子光の前には現れるものの、親方失踪事件後、自分の会社には出社していない。

(阳光沙场については物語の途中、台詞の中で「阳光沙场は忙しい」とありましたが、現場の様子は久しぶりです)

四海商贸が動けない以上、阳光沙场が忙しくなるのは道理である。今、現場は親子が仕切っている。注文の電話がひっきりなしに入ってくる。

伊总はたまらず李纨を探しに出掛けた。行き先はレーシングサーキットである。李纨と話す行きがかり上、レース車の助手席に乗った伊总(運転手は李纨)は悲鳴をあげ(なかなか見ものです)、レース後に下車と同時に吐いた。これでやっと仕事の話ができる。「刘子光に電話して阳光沙场と契約すると言ってくれ」

 

病院。刘子光が付き添っているが、韩进はまだ目覚めない。韩进に語りかけているところに胡蓉はやってきた。「君は彼女が好きなんだろ?俺も好きなんだよ。愛してる。目が覚めたら公平に勝負しよう」それを陰で聞いていた胡蓉は微笑んだ。そして韩进は意識を回復した。その後、病室は宴会場と化す。

手術をした谢文娴も近々退院だという。韩进の病室の外で李建国は嬉々として新婚旅行の計画を刘子光に語っている。胡蓉が出てきた。刘子光は彼女の手を掴んだ・・・

第22集「韩进刘子光医院表白」(韩进と刘子光、病院での告白)

手を掴んだものの、さっと放す。「韩进に話しかけたことを聞いていたな?」それには微笑むだけで去っていく。哥が「侯四海の居場所がわかりました」と報告すると「これはお前が始末しろ、うまくな」と言って哥を一人で始末しに行かせる。が、タクシーからも通報があり、一歩違いで侯四海を取り逃がす。

李纨韩进の見舞いに来る。真の目的は韩进胡蓉に対する気持ちを確認するため。「愛してるんでしょ?」との問いかけにも「一緒に学び、一緒に仕事して。今は兄妹のような感覚に慣れた。今の関係を壊したくない」と。

翌朝、胡蓉は母に「女友達がね、愛する男性ともう一人愛する男性、二人同時に告白されたの。どうしたらいいと思う?」母は女友達ではないとすぐにわかる。「韩进刘子光ね?まぁ、どうしましょ!どうしましょ!」話になりませんでした。

告白タイム。

二人とも大きな花束を抱えて胡蓉の前に立つ。

先に韩进「彼は俺が君を愛してるから盾になったと言うがそれは違う。同僚として隊長としてだ。しかし彼はそうではないのに盾になった。彼こそ君を愛してる」「なんだと、あんたが告白しないなら俺も告白しないぞ」胡蓉は「じゃあ、どっちを選べばいいの?私は商品?物?」と行ってしまった。告白失敗。

码头を取り仕切っていた孟知秋は今や魚屋を営んでいる。差し入れにを持って刘子光がやってくる。話は侯四海が沙场からいなくなったので、また戻ってこないかという誘いであった。しかし彼は現状に満足していて断った。

侯四海は動画を撮った。「警察の諸君。私が殺されるなら、誰の他でもない、聂万峰だ。半年前彼と新型麻薬「天使」で取引した」その動画は聂万峰に見せた。「これはどういうことだ?条件は?」




第23集「光哥再次被误会」(刘子光、再び誤解される)

侯四海聂万峰へ5億元、前金として1000万元を要求。聂万峰は船を用意するから海外への逃亡を示唆した。明日の夜、江边沙场に来るように言う。

韩进の見舞いに胡蓉が訪れる。事件の話を少々した後、話題は刘子光のことに。「君は彼が好きなんだろ?」「好き」「彼も君が好きだ」「もしうまく行かなかったとしても、俺が傍で寄り添ってるよ」

刘子光は街中で侯四海が車を運転しているのを見かけた。すぐさまバイクにのって追跡を開始。その結果、車とバイクが衝突し、車は動かなくなった。侯四海は走って逃走、また刘子光はバイクから投げ出されてフラフラになりながら追いかける。その頃胡蓉刘子光に会おうとメッセージを送って待っていたが、刘子光は当然それどころではなくて待ち惚け。

翌朝、刘子光胡蓉に会い、侯四海を追っていたんだと釈明する。胡蓉はもう一度告白のチャンスを与えるが刘子光が言葉に詰まったので行ってしまった。

そして侯四海は川岸で水死体で見つかった。

侯四海の所持品からタイプされた遺書が見つかったが、胡蓉は偽装と考える。検視結果は自殺の可能性もあったが、周辺の監視カメラを調べるなどを部下に指示。それから韩进に「昨日、刘子光侯四海を見ているの」と情報を打ち明けた。韩进が調べた結果、刘子光侯四海を追っていた時間から通報があるまでの1時間50分空白がある。その時間が侯四海の死亡時刻と重なる。それを胡蓉は聞かされ、「これが意味することはわかるな?」刘子光は一転して重要参考人になってしまった。

そのタイミングで胡蓉に電話してしまった。「明日来れる?」「今晩行く」刘子光贝小帅は急いで店に飾り付けをして待つことにした。そして胡蓉がやってきた・・・

第24集「子光深情表白」(子光、心から告白する)

刘子光は心を込めて愛の告白をする。とても心を込めて。

胡蓉は涙する。「小帅、少し刘子光と二人にして」告白に応じてのものではなく、参考人として任意同行を求めたものだった。胡蓉韩进に聴取を受ける。アリバイのことを聞いて「それであなたらは俺を疑っているんだな?」「今日は帰っていい」「いや、ここにいる」

李纨が「地地道道」に来て刘子光を探すが、贝小帅しかいない。「良いニュースと悪いニュースがある。どちらから聞きたい?「悪いニュースから。刘子光胡蓉に告白したよ」李纨は狼狽える。「良いニュースもあるよ。俺が君に告白する」しかし李纨は泣いてしまった。そのまま酒をあおり、気がつくと贝小帅とベッドの中であった。

胡蓉韩进は徹夜で調べていた。そこへ「犯行現場がわかりました!」と報告が入り、急ぎ現場へ急行した。現場にはもみ合った形跡があり、やはり他殺であろうということになった。

警察から連絡を受けた郭大爷贝小帅と共に警察署へ、また李纨にも連絡すると弁護士を連れてきた。

聞き込み調査から、刘子光侯四海を追っていたが、ふらついていたことから追いつくのは不可能だろうとのことだった。さらに報告が入る。侯四海の遺体の爪から皮膚と血液が採取された。DNA鑑定することになった。結果、刘子光はシロだった。ようやく解放された。警察署に来ていた李纨が付き添って送っていく。

哥の腕には傷が・・・

第25集「光哥胡蓉确认关系」(光哥と胡蓉、関係を確認する)

やはり哥自身が殺していた。現場に物証が落ちていた。警察はこの物証を捜査の突破口にしたいと考えている。

「地地道道」に李纨が来ている。刘子光に謝る。飲みすぎて、贝小帅と寝てて、服も脱いでて、(そんなこと言わんでも…)

警察署では胡蓉がスマホをぼーっと眺めている。それを韩进が見ている。韩进刘子光の所へ行って飲んだ。愚痴をこぼす。刘子光は黙って聞いている。李纨が入ってくると刘子光は出ていった。追いかけようとする李纨韩进が引き止めて、バーに連れて行く。李纨も「彼が好き!彼が好き!彼が好き!!」でも韩进も「俺は彼女の幸せを壊したくないんだ!」韩进は引き続き彼女を諭す。

外のベンチで一人佇む胡蓉刘子光が走ってくる。「ごめん、君の仕事が特殊だということをわかっていなくて」「理解してくれてありがとう。他には?なければ行くけ・・」「ある!好きだ。彼女になってくれないか?」満面の笑みで「いいわ」

局長に報告の電話が入った。「侯四海の倉庫に大量の「天使」が見つかりました。それからT国の泰戈という会社と緊密に取引しています。巨額なので「天使」と関係があるとみます」まだ聂万峰には辿り着かない。

李纨刘子光に会いに来た。「最後のお願いを聞いて。抱きしめて、5秒間だけ」黙って抱きしめる。李纨は去っていった。

胡蓉は今までの韩进とのことを思い出して、ふと思いついた。韩进に「なぜ私を騙すの?私達刑事でしょ?」「今まで騙したことなんてないよ!」「疤子のことよ。なぜ「天使」のことを私にはMDMA(エクスタシー)と言ったの?」「君の父親(局長)と局長との特捜チームだったんだよ」胡蓉韩进を許した。

第26集「胡蓉加入专案组」(胡蓉、特捜チーム入り)

韩进がS特捜チームで報告をする。そして「胡蓉をS特捜チームに入れます」すると、制服姿の胡蓉が入ってきて「S特捜チームに入ります!」局長は「なぜお前がS特捜チームを知ってる?」韩进「私が言いました」「お前ら二人共来い!」と局長室に呼んだ。そこで胡蓉はこれまでの経緯をおさらいし、自分の推理を披露した。局長が折れた。「よかろう、ただし、上級者の命令に従うこと、安全第一に」

韩进がS特捜チームのこれまでの捜査内容を説明し、「一人、紹介したい人物がいる。黄振武だ」

刘子光が弁当を作って警察署の胡蓉に届ける。仲良く食べていると韩进が「事件だ」と呼ぶ。江南警察署とのS特捜チームの合同会議だ。侯四海殺人事件の遺留品・ライターからあるホテルが浮かび上がった。そこの防犯カメラには侯四海が映っている。ホテルの支配人は梅洁。そしてこの件で一人捜査員を潜入させる必要があると言ってきた。その条件を告げると胡蓉が立ち上がって名乗りを挙げた。韩进局長、局長が動揺する。その場では局長が「潜入の人選については持ち帰りにさせてほしい」とした。

江北警察署の捜査会議に戻り改めて自分が適任であると胡蓉は主張する。局長らはもちろん、局長の娘を潜入させるわけにいかないと考えている。蓉は「局長、どう考えますか?」「お前が行け」と決まった。

一家は潜入派遣前の束の間の一家団欒を楽しんだ。

そして胡蓉刘子光は束の間のデートを楽しんだが・・・

感想ほか

物語が半分過ぎたところでいよいよ第2章の幕開けといった感じです。まだまだ波乱の展開が予想されます。

M国の黄振武は刘子光が殺したことになっていますが、どういう展開になるでしょうか?

それにしても贝小帅は暇そうに見えます。阳光沙场が忙しい筈ですが・・・?

 

李纨役を演じている陈瑶(セブリナ・チェン)の微博はこちら

 

続きは第27集~第32集

-中国ドラマ, 動作, 悬疑, 愛情, 犯罪
-, , , , , , , , ,

Copyright© めいあんの華流あれこれ , 2019 All Rights Reserved.