C-POP IT、ガジェット

中国の微信支付(WeChat Pay)に登録してみた

2018年7月5日

注意

【追記】2019/08/18:久しぶりにWeChatPayに送金してもらおうと、アプリを開きましたら、中国の銀行口座を登録しろという画面がでました。Pocket Changeからの入金もできなくなりました。

中国の銀行口座をお持ちでない方は、2019年9月1日現在、WeChat for Windows10でのみ友人からの送金を受け取ることが可能になっています。

はじめに

支付宝が思いの外敷居が高いため、微信支付にも挑戦してみました。こちらはパスポートが要らず(必要になりました)、クレジットカードのみで大丈夫でした。

追記、追記で読みづらくなってしまいました。どこかのタイミングで改訂しないといけませんね。

注意

この記事は2018年7月5日時点です。今後、仕様が変更になる可能性がありますのでご留意ください。

2019年5月20日追記:パスポートが必要になりました。

【追記】2019/03:最近また動きがあったようです。Wechat Pay、Alipayを使おうという方はこちらのニュースに目を通しておいてください

メモ

【追記】2019/07/10時点で早くもこの方法はダメになったようです。VISA、Master、JCBが登録はできるものの、支払いの使用不可になりました。今後改善されるかもしれませんが。

【追記】2019/4/1:Pocket ChangeとvPayFastについて記載を追加しました。

【追記】2019/05/18:微信のメッセージが来ました。中国の銀行のカードを登録するか、パスポート情報を書けとのお達しです。(查看详情をタップすると、電話番号・住所・職業・パスポート写真・顔写真を入力する画面になります)

支付宝についてはこちら⇩

必要なもの

☑クレジットカード
☑パスポート
☑WeChatPayの口座を持ち、自分宛てにチャージしてくれる友人・知人、もしくは近所にPocket Changeの機械があること。

  • STEP1
    微信のインストール

    Google Playから微信(WeChat)アプリインストールします。iOSでも同様かと思われます。


  • STEP2
    クレジットカードの登録

    ⑦最後に6桁の暗証番号を入力します。(スクショがありませんでした…orz)

    注意

    スマホの機種にもよるのかもしれませんが、2回目の確認入力の際に一番下に表示される「0」が隠れて押せませんでした。隠れる機種はカードの登録をやり直して「0」なしの暗証番号にしてください。

    このあたり、手間取らずにすんなり行ってしまったためにスクショしていなくてごめんなさい。
    日本語表記なのでここまでくれば後は自力でできると信じています。

  • STEP3
    登録完了

    登録が完了すると、マネーを開いた時にこの画面⇩になります。

実際に腾讯视频のVIP会員(有料会員)になってみた

余談、腾讯テンセント支付宝Alipayのアリババと競合関係にありますので、支払いに支付宝が使えないのです。

注意

動画視聴の際に権利の関係で中国大陸以外からは視聴できません旨のメッセージが現れる人は絶対にここで止めてください。中国VPNを導入するなどして視聴できるようになってから开通しましょう。

【追記(2019/10/01)】腾讯视频は2019年10月1日現在でも楽天カード(Master Card)で支払いができました。

Pocket Change にてチャージしてみた

注意

2019年8月現在、Pocket Changeによるチャージは中国の銀行口座を持つアカウントでのみ可能になっています。

設置場所についてはPocket Chargeのホームページ(こちら)を参照ください。

微信支付(WeChat Pay)の操作

53.1元は2019年4月1日現在のレートで約880円です。手数料が取られているのでしょうが、レートが悪かったです。これなら友人にチャージしてもらって、相当分の日本円をAmazonのギフト券を送った方がお得でした。

WeChat for Windows10によるチャージ

オススメ

2019年8月現在ではこの方法でのみチャージ可能なようです

OSのバージョンはWindows10のみです。Windows7/8/8.1ではインストールできません。

ダウンロードはこちらから。 中国の微信支付(WeChat Pay)に登録してみた

私は中国の銀行口座は持っていませんよ。

しかし、これが支払いに使えるかどうかはやっていないのでわかりません。

「红包」ではなくて「轉賬」ですよ。ただ、相手が红包で送ってきても、受け取りができないため、翌日には相手に返金されます。ご安心を。

vPayFastによるチャージ

2019年4月1日追記:vPayFastというサイトにて支付宝(Alipay)や微信(WeChat Pay)にチャージできるようです。

2019年8月23日追記:現在、先に進みません。私のアカウントだけかもしれませんが、この手段は期待できません。

試しにやってみようと思いましたが、換金レートがあまりにも悪いので止めました。ここしかチャージする術がない方はやってみても良いかもしれません。

最後に

中国へ行って食事・買い物する人はいっそのこと銀行口座を開設して(支付宝の場合、日本人は2行必要かもしれません)、支付宝を使ったほうがよいと思われます。

注意

中国で銀行口座を開設するためには、中国での住所・携帯電話(中国の)・パスポートの渡航履歴が必要です。しかも交渉は銀行の窓口で行員と中国語でしなくてはいけません(英語は通じないと思っていたほうが良いです)。かなりのスキルが必要とされます。

中国へ行くことなく、日本にいて中国のサイトで支払いをする分には微信支付だけでも充分かもしれません。

冒頭に追記した通り、現在WeChatPayでクレジットカードは登録はできるものの、支払いに使えなくなっています。ただし、中国に銀行口座を持ち、かつWeChatPayで支払い可能な友人から送って貰ってチャージすることはできます。チャージできれば支払いに使用することは可能です。

友人からチャージしてもらって使っています。

-C-POP, IT、ガジェット
-, , , , , , , , , , , , , , ,

adblockerが使われていると表示できません