広告 ☆4 2022年 動作 悬疑 犯罪 香港映画

香港映画『神探大戰』Detective vs Sleuths

2022年8月28日

2022年8月26日現在、香港ではまだ劇場にて上映中の映画ですが、中国の動画サイトでは早くも配信に登場です(中国本土の方が先に公開されたため)。腾讯视频にてVIP会員費用の他に追加の6元を払って視聴しました。

主演は劉青雲ラウ・チンワンとTWINSの蔡卓妍シャーリーン・チョイ、それと林峯レイモンド・ラムです。冒頭30分とラスト30分は激しい銃撃戦のシーンが多めです。『喋血街頭ワイルド・ブリット』並です。

英題のDetectiveとSleuthはどちらも辞書では「探偵」とありますが、厳密には異なるようです。違いについてはこちらを参考にしました。

オススメ度

中国の動画サイトを有料会員(VIP会員)で視聴するには

基本情報

邦題:神探大戦(第35回東京国際映画祭にて上映予定)
英題:Detective vs Sleuths
監督:韋家輝ワイ・カーファイ
主演:劉青雲ラウ・チンワン蔡卓妍シャーリーン・チョイ林峯レイモンド・ラム

予告編

あらすじ

かつての香港では警察官が殺される魔警マギン案、その4年後に連続女性殺害の屠夫トウフー案と呼ばれた凶悪な事件があった。陳儀チャン・イー蔡卓妍シャーリーン・チョイ)は刑事であるが、屠夫トウフー案の被害者でもある。その時に身柄を発見・保護したのが、当時警察官の方禮信フォン・ライソン林峯レイモンド・ラム)である。魔警マギン案では犯人射殺で解決されたとみられたが・・・?警察の記者会見での発表に異議を唱える者がいた。それがちょっと変わり者で「神探名探偵」を名乗るO記オーケイ総督察・李俊リー・ジュン劉青雲ラウ・チンワン)だ。

屠夫トウフー案から17年後。神探サンタム案が本作の事件。陳儀チャン・イー方禮信フォン・ライソンが属するO記オーケイ(香港警察の中で組織犯罪を担当する部署:Organised Crime and Triad Bureau)が捜査にあたる。李俊リー・ジュンは幻覚(魔物)が見えるようになり、記者会見場での一件もあり辞職、既に警察官ではない。現在は高架下に住んでいる。一面に魔警マギン案と屠夫トウフー案に関する情報がみっちりと書き込まれている。

下の写真の1枚目は新たなる殺人現場、「神探サンタム」と読める。拡大すると被害者の名前・識別番号で構成されている。さらに屠夫トウフー案の死体も次々と発見される。

犯罪組織・「神探サンタム」関連の通報を受けてO記オーケイの隊員がミウ街(旺角モンコック地区にある別名・男人街)へ向かう。警察と犯罪組織「神探サンタム」との間で激しい銃撃戦が繰り広げられる。この事件の現場に居合わせた李俊リー・ジュンに疑惑の目が向けられた。高架下の居住地に書き込まれた情報から魔警マギン案と屠夫トウフー案への関与が疑われる。怪我をして病院に運ばれた陳儀チャン・イーが妊娠していることがわかる。

犯罪組織・「神探サンタム」の中に張琳チャン・リンがいる。元の名を李琳リー・リンと言い、李俊リー・ジュンの実の娘である。


神探名探偵李俊リー・ジュンと犯罪組織「神探サンタム」の最後の戦いが始まる。

魔警マギン案と屠夫トウフー案の真犯人は方禮信フォン・ライソンである。李俊リー・ジュンが真犯人であるようにミスリードを企てていた。O記オーケイや警察の同僚、味方である飛虎フェイフー隊員をも次々と殺していった。

最後の戦いのさなかに陳儀チャン・イーが破水した。赤ちゃんを守るために張琳チャン・リンがお産を手伝う。無事に出産にこぎつけ、李俊リー・ジュンと和解を果たしたが張琳チャン・リンも射殺される。陳儀チャン・イーが火炎放射器で方禮信フォン・ライソンを仕留めた。

李俊リー・ジュンO記オーケイに最高顧問として復帰した。

感想など

香港での評価は普通の程度で、あまり期待せずに観ました。その割には銃撃戦も迫力を感じましたし、面白いと思いました。ただ「神探」という単語に関して意味を取り違えている箇所もあるかもしれません。李俊リー・ジュンに対しても犯罪組織に対しても「神探」という言葉を使っていまして、李俊リー・ジュンを指しながら「こいつは神探か?」「いえ、神探ではありません」という混乱させるような会話があります。本作は日本での劇場公開もあると予想しています。その際に判明するかと思います(東京国際映画祭での上映が決まりました。字幕は気を遣うと思いますが、観客にわかりやすくなっていることを願います)。

東京国際映画祭のサイトでは

怪作『MAD探偵7人の容疑者』(07)の後日譚的作品。

とあります。監督・主演は同じも役名は異なります。主演のキャラクターは似ています。後日譚ではありません。「的」と言うところがミソです(笑)

神探MAD探偵7人の容疑者』は未見でした。国内の動画サイトにて検索しましたが、現在は視聴できないとのことでした。腾讯视频にて視聴しました。本当に「怪作」でした。本作の方が断然面白いと思います。

-☆4, 2022年, 動作, 悬疑, 犯罪, 香港映画
-, , , , , , , ,